ニュースbotアカウント「LIBERA News」について

【お知らせ:2019/10/05】
 2019年10月5日(土)より、「LIBERA S2ローカルユーザ専用の新ニュースbot「LIBERA News 2」を開設いたしました。
 今後は新ニュースbot向けの情報を記載して参ります。
 なお、旧ニュースbot「LIBERA News」につきましては、2019年10月12日(土)に廃止させていただきました。

 リベラル専用Mastodonサーバ「LIBERA S2」には、「LIBERA News 2」というbotアカウントが常駐しております。

 これは、インターネット上に公開されているRSSフィードの中から、おもに政治系や社会系のニュースを取得・表示するものです。

 なお、旧ニュースbot「LIBERA News」運用上の問題(サーバや通信網の負荷、並びに目的外利用の横行)を鑑み、新bot「LIBERA News 2」に対しましては、「LIBERA S2」のローカルユーザ様のみフォローいただくことができます。それ以外のサーバのユーザ様からフォローリクエストがあった場合、すべて拒否させていただきます。

 2020年5月17日現在、「LIBERA News 2」では次の24カ所のRSSフィードを取得しております。なお、特記事項のないものにつきましては、取得した情報の公開範囲を「未収載(unlisted)」に設定しております。

 なお、記事の著作権は、各配信元に帰属致します。そのため、記事の取扱には十分ご注意ください。

 上記以外にも、RSSフィードを公開している、自由主義、民主主義、立憲主義に根ざした活動をしている組織、団体、個人等のWebサイトをご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ともご紹介いただきたいと思います。

 なお、このbotアカウントは、「IFTTT」という外部サービスを用いて作成致しました。

 その際、次の記事を参考とさせていただきました。

参考記事
ノンプログラマーがMastodon BotをIFTTTとかRSSあたりで作ったドンQiita

 初代「LIBERA」の時は、自力で情報を取得してインスタンスに流し込む余裕がありませんでしたので、この手の情報自動収集系botアカウントの作成は悲願でした。これが、インスタンス活性化の起爆剤となることを、願ってやみません。